2020年06月25日

眠れなかった夜の覚書

最近のお仕事傾向もあって、別の検索からなんとなくたどっていって
YouTubeのアクセスランキングサイトみたいなのを見る機会があったんだけども。

半年でアクセス数が6桁から1割に減り、ここ最近
毎月万単位で減り続けてるチャンネルを
たまたま見つけたので、好奇心で見に行った。
素人ながらにそりゃぁ減るわ。ってなったのでそのメモ。

チャンネル概要と、最近アップされてる動画の内容の乖離。
初期の数字は、チャンネル概要から考えたら妥当かな、って気はしたんだけど、
概要欄はそのままで、最近の投稿がほとんど全部はやりの雑学系になってて、
概要全然関係なくなってた。
そりゃぁ初期の視聴者離れるわ。

あからさまな作画クオリティの低下
内容が保てなくなってるのに、絵まで劣化したらだめだろう…。
いくらなんでも最低限のレベルは保とうぜ…
これはあれか、クラウドワークスの投げ売り仕事の結果なのか…

という、明らかに、落ちて当然な感じで落ちてて
世の中ってわかりやすいところはすごくわかりやすいんだなって
思うた次第。
それなのに視聴者数は定期的に増えてて、これはやっぱり
金で買ってるのかなって思うたり。

素人が乱立できる世界だけど、乱立しているからこそ
「うちも劣化しても大丈夫だろ」っていう意識は
身を滅ぼすんだなという、当然のことを感じました。(まる
posted by まきむらひろき at 16:46| 日記