2019年02月02日

1月の本

今年は忘れずに、忘れずに
2019年1月の読書メーター
読んだ本の数:23冊
読んだページ数:4442ページ
ナイス数:165ナイス

https://bookmeter.com/users/121564/summary/monthly
■ここは今から倫理です。 1 (ヤングジャンプコミックス)
今年最初の風呂場読書になった 試し読み増量を読み終わってそのまま購入 倫理じゃなくて哲学でいいんじゃねえかと教科書を眺めつつ 俺の頃にはなかったなあ 単語を覚えるだけじゃどーにもならんが、点はくれるんだよね… 死にかけたことのあるギリシア哲学の教授にまったく同じことを言われたのを、思い出しました 積ん読になってたやつそろそろ読むかなあ…
読了日:01月04日 著者:雨瀬 シオリ
https://bookmeter.com/books/12428291

■ここは今から倫理です。 2 (ヤングジャンプコミックス)
割とハードなところで続くになってて、ほっとした 扱う題材が小難しくて打ち切りになってるかしらと思いながら買ったので 哲学を扱うものとしての答えと教員としての答えって別なんじゃないかな、て思いましたけども、そういう割り切りができるほど、高柳先生は器用じゃないし、まだまだお若いよねー
読了日:01月04日 著者:雨瀬 シオリ
https://bookmeter.com/books/12849650

■タロットの秘密 (講談社現代新書)
年末に読み終わるつもりだったんだが、カードの解釈まで読み込んでいたら結構時間がかかった 自分のタロットの歴史は辛島さんの著書で止まっていたので(そう読まんしな)、最近までのカードの歴史が辿れたのは興味深かった 占いの本ではなく、あくまでタロットの本なので、占いを求めていた人の酷評は「残念でしたね」としか申し上げようがない エジプト神話や占星術、カバラ数秘術まで一通り浚い、祭の屋台で一度だけワンコイン占いをしたこともあるくらいにははまったのだけれど、どんなものも日々の学びの積み重ねが大切だと改めて感じた次第
読了日:01月06日 著者:鏡 リュウジ
https://bookmeter.com/books/11667142

■ユリトラジャンプ〜ウルトラジャンプ百合アンソロジー〜 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
書き下ろしじゃなかったー!(わかった人だけ察するところ 掲載したウルジャンも持ってるけど、血い吐いて命がけでタマの取り合いする百合は本気で読みたいのでぜひ 男性向け百合もあるし種類は豊富 女子が夢見てふんわり嬉しい感じじゃないので好みは激しく分かれそう ここが集英社の限界かなーとも思いもしたけど、まだ可能性を探ってる最中なら「違う百合どっすか!」で勝負がかけれるフロンティアなのかもしれない 全体に好きでした 次があるならたぶん買う
読了日:01月06日 著者:2C=がろあ,安田剛助・文尾文,たいぼく,未来電機,郷本,紀ノ上晟一,胡原おみ,びよら,佐喜ハジメ,とこみち,秋月伊槻,おたき,林家志弦
https://bookmeter.com/books/13200749

■エクレアSpecial 好きなのは女の子 北尾タキ百合作品傑作選
北尾さんのショート女子右と清純だけど(もしくはそう見えて)実は左が性癖直撃すぎて毎回死ぬ 百合勢には左右言うな言われそうだけど、伝わりゃええねん そりゃあなた、21世紀になった年の一目惚れですからね、業は深いよ…
読了日:01月06日 著者:北尾 タキ
https://bookmeter.com/books/13299564

■速さは全てを解決する---『ゼロ秒思考』の仕事術
2冊目までに書き尽くしたつもりだったのに、まだ質問する人がいるから3冊目を書いたよという3冊目を先に開いてしまったので、unlimitedにあるのを見つけたその場で借りた 1冊目2冊目を読んでまだ何か教えてほしい人はただのクレクレ厨なのではという気持ちになるシリーズ2冊目 フレームワークのバリエーションは0秒思考のお仕事ではないような気がした メモ書きで培った発想のスピードを別で学んだフレームワークに生かすのが想定されていた使い方なのではなかろうか これで心置きなく3冊目に入れるけど休み明けたらね
読了日:01月08日 著者:赤羽 雄二
https://bookmeter.com/books/9260041

■40歳から「差がつく」生き方
民主主義と資本主義は別のもの 金で売ってはいけないものはきちんと自覚して次の世代まで伝えろ、が要点だったのでは 全体的に、金に支配されるな、されないためにはエフィカシーを高めろ、という話 世に言う「自己肯定感」が重要しされづらいのは、それを勧めたい人たちがすでに自己肯定感がおそろしく低いからなんだな 納得 いい気づきをいただいた 
読了日:01月11日 著者:苫米地英人
https://bookmeter.com/books/11451622

■紺田照の合法レシピ(1) (KCデラックス 月刊少年マガジン)
読了日:01月12日 著者:馬田 イスケ
https://bookmeter.com/books/10156026

■紺田照の合法レシピ(2) (KCデラックス 月刊少年マガジン)
読了日:01月12日 著者:馬田 イスケ
https://bookmeter.com/books/11082038

■紺田照の合法レシピ(3) (KCデラックス 月刊少年マガジン)
読了日:01月12日 著者:馬田 イスケ
https://bookmeter.com/books/11238630

■紺田照の合法レシピ(4) (KCデラックス)
読了日:01月12日 著者:馬田 イスケ
https://bookmeter.com/books/11957629

■紺田照の合法レシピ(5) (KCデラックス 月刊少年マガジン)
暮れからアプリでのんびり読んでて、5巻に続くって書いてあったから、ここまでは読んだんだろう 2/2にチケットでの公開が終了するらしいのでいまのうちに ギャグが面白いかと言えば俺にはビミョーなんだが、作り方はきちんとしてていちいちうまそう 分量とかきっちりかいてないから、材料だけわかったらあとは自分でという人にしか役には立たんかもしれんけど、最初から読み返してレシピだけまとめておきたい気持ちにはなる(買え
読了日:01月12日 著者:馬田 イスケ
https://bookmeter.com/books/12346642

■エクレアSpecial 好きなのは女の子 北尾タキ百合作品傑作選
なんべんめだと言われると、真剣に悩むくらい読み返してるくらいには、石谷さんと白河さん好き(わかりやすすぎ 好きです
読了日:01月12日 著者:北尾 タキ
https://bookmeter.com/books/13299564

■ハクメイとミコチ 7巻 (ハルタコミックス)
センが可愛い 司書さんみたいな司書さんほしい なんとなく別れの多かったような気もするけれど、それが日常よな 100年くらい前にはこんな暮らしもあったんよなーという気持ちにいつもなる それが贅沢というのなら、かつての人々が贅沢と信じたものはなんだったろうね
読了日:01月15日 著者:樫木 祐人
https://bookmeter.com/books/13419671

■古武術に学ぶ身体操法 (岩波現代文庫)
読み終わったところ稽古会で名古屋にみえるというのを見つけて、20日はご本人の稽古会へ行く 最初に興味を持ったのは介護を楽にする身体の使い方を何かで見てからだと思う 知識的に理解できてもじゃあやれますかといえばそれは日々の稽古があってこそで、触れられる機会を得たのは大変幸運だった エリアの騎士、あひるの空でネタにのぼったのはここからなんだろなーなんてこともちらちら頭をよぎったので、興味があった人は見てみたもよいかも
読了日:01月18日 著者:甲野 善紀
https://bookmeter.com/books/8011813

■はやて×ブレード 4 (ヤングジャンプコミックス)
その場にあったので、つい…
読了日:01月20日 著者:林家 志弦
https://bookmeter.com/books/546235

■仕事も人生も全てが思い通りになるタイムマネジメントノート: たった15分 A4用紙一枚に書き込むだけ!!
一枚も画像を載せずに、メルマガ登録してダウンロード画面を取り寄せという手法 やる人は効率的だと考えてるのかもしれんけど、せこさしか感じないんだよね 色々試して自分の形に落とし込んで、テンプレートと指導で飯を食うのは確かにいい手法なんだが「これ、ここで見たな」と思わせちゃダメだなって思いました ネタ元をバラして「僕の方法はここが違います!」の方が潔くてぼくは好きです そうしないと、ただの劣化版にしか見えなくて、ものすごく勿体ない気がしてしまう…
読了日:01月22日 著者:平土井 俊
https://bookmeter.com/books/13403338

■読書という荒野 (NewsPicks Book)
幻冬舎作品に触れる機会はそこそこ増えたけれど、Newspicksを見なくなって久しい 賛否両論ある本らしくハマる人は熱狂的に支持するし、ハマれなかった人は散々に貶す 著者の熱量のふり幅に、読み手は振り回される 過去の書籍を読んでいない自分のような人には、入門本として読めるんじゃなかろうか 趣味であっても書き手にはそれなりに得るものがあると感じた 自分の熱を持て余している人にはオススメしたい 強烈な劣等感という言葉には、納得しかなかった 面白い面白くないではなく、昭和史として大変興味深い本、という読後感
読了日:01月26日 著者:見城 徹
https://bookmeter.com/books/12861215

■「超」独学法 AI時代の新しい働き方へ (角川新書)
自分のための勉強ができている人には目新しいことは特に書いていない本 疑わしいという人たちは、日常的にどれくらい本を読んでいるんだろう 「最低限必要な知識がある前提」の、最低限は時代とともに移り変わる 世界水準から置いていかれていることを自覚して、焦るだけで終わらせるのか、行動を起こすのか 本一冊で劇的になんか変わることはそうないけれど、行動を変えることはできますやな
読了日:01月27日 著者:野口 悠紀雄
https://bookmeter.com/books/12854674

■新米姉妹のふたりごはん 6 (電撃コミックスNEXT)
みのりさん狩猟回 みのりさん狩猟回 みのりさん狩猟k(黙れ みのりさん出てくると他全部持ってかれるので、みのりさんがお姉ちゃん大好き妹で満足です(*´ω`)
読了日:01月27日 著者:柊 ゆたか
https://bookmeter.com/books/13388468

■自律神経どこでもリセット! ずぼらヨガ
そーいえばしばらくストレッチさぼってるわーと思い出したので読み返し 何に効くのかわかってやると、格段に調子がよくなるから、面白いよね
読了日:01月28日 著者:崎田ミナ
https://bookmeter.com/books/11230920

■実践! 多読術 本は「組み合わせ」で読みこなせ (角川oneテーマ21)
過去に手に取った記憶はあるんだが、本文全く思い出せず 「でもこれ、このエピソード知ってるな、前の本だったかな、いやでも白洲次郎買ったのこの本で紹介されていたからでは」などと思うところは沢山あったんだが、成毛さん曰わく、思いだせない本はその程度の本らしいので、自分とってはその程度の本だったようです マーケティング本の上澄み掬うくらいなら、軍事もの読めってのはその通りだと思うので、わりと影響は受けていたっぽいんですがね ところで、この本「思う」が多すぎる 自信持って論を立てろよ!てなるくらい多かった
読了日:01月30日 著者:成毛 眞
https://bookmeter.com/books/612630

■アイデアがあふれ出す 行動が加速する 1本線ノート術
はるか昔、今では一冊にまとめることを諦めた抜き書きのノートを作り始めて間がない頃に借りた記憶 概ね読み終わった引用もとの本もほとんど知らなかったなあと懐かしさからまた借りてきた 今の自分に必要だったのね、と感じたところだけまた抜き書きして、この手の本によくある「本当に必要なのは2割」という常套句を改めて確認した ビジネス書と呼ばれる本はだいたいそうだね、というのがわかるくらいにはなってきたかな
読了日:01月31日 著者:吉澤 ゆか
https://bookmeter.com/books/4033686
posted by まきむらひろき at 08:38| 日記