2018年04月01日

3月まとめ

お金ないのに勢いでマンガ買うのやめようね…最後に買ったまほよめは、いずれ紙でも買いたいです

2018年3月の読書メーター
読んだ本の数:36冊
読んだページ数:6215ページ
ナイス数:119ナイス

https://i.bookmeter.com/users/121564/summary/monthly
■行動経済学まんが ヘンテコノミクス
先日オススメされたので買った本 そういえば授業で経済学取ったことあったと読んでるうちに思い出した 知らなければもっと純粋に驚いたり楽しめただろうに悔やまれる 佐藤雅彦さんが行動経済学と出会ったらこうなったという点についてはものすごく納得した 「なんとなく」に気が付いて、学術的な名前を付けてる人がもういるんだよ、ということを知ることができる本 ちょっと知ってるだけで広告の煽りに流されにくくなる、そーゆーことか!やれやられた!が詰まった本
読了日:03月01日 著者:佐藤 雅彦,菅 俊一,高橋 秀明
https://i.bookmeter.com/books/12422667

■ホテルポパン(1) (KCデラックス)
マンガ図書館Zで今月公開停止というのを見て 普段よまないタイプの本だけど、設定はすごく好きなやつだった いつ頃の本なのかしらん
読了日:03月03日 著者:有間 しのぶ
https://i.bookmeter.com/books/5691900

■ホテルポパン(2)<完> (KCデラックス)
それぞれが過去を清算したり受け入れたり そしてこれから 広がりのある大団円 旅に出た少年は、何を持って帰ってくるのか
読了日:03月03日 著者:有間 しのぶ
https://i.bookmeter.com/books/5814556

■青い芝生と甘い水 (バーズコミックスデラックス)
先生が好きだったんだが、こーゆー人が実は一番ヒドイを路で行ってて惚れた(笑) 4コマじゃなくてもよかったんではという気持ちになったけどもそれはそれ 紆余曲折の上、ハッピーエンドでよかったね、て
読了日:03月04日 著者:有間 しのぶ
https://i.bookmeter.com/books/537311

■寝ても醒めても (F COMICS)
えっちーずとか、それ以前の本も登録されないかな…マンガ図書館Z… 昔、PSI遊記なかったっけ… それはさておき 内向エロスよりも先生自身のブログで明晰夢の話を見てから作品化されて、なるほどこういう…と納得したりなんだりしていたのを思い出した 明晰夢の研究自体を追っかけるほどの情熱はないけれど、知識としては大変興味深いジャンルだと改めて確認
読了日:03月04日 著者:陽気婢
https://i.bookmeter.com/books/2091070

■九頭龍 (SCオールマン)
立ち止まったら目に入ったので読み終わっていた… 壮大なこれからオチ こういう破天荒さは集英社だよねーという話 九頭竜、強すぎるだろ…
読了日:03月06日 著者:原 哲夫,生田 正
https://i.bookmeter.com/books/973062

■弓道士魂 完全版 レジェンドコミックシリーズ7 (レジェンドコミックシリーズ―平田弘史作品 (7))
来月、平田先生が漫画空間に来るよ というお話の最中にタイトルが目に留まって読み切った 弓が好きなんだよ 三十三間堂の通し矢は、親戚が参加してるので知ってはいたけど、尾州…恥ずかしいところはそんな昔から変わらんのか…という気持ちに 最後の勘左右衛門の申し出が、現代に繋がってるならいいなあとか、ちょっと考えさせられた…
読了日:03月06日 著者:平田 弘史
https://i.bookmeter.com/books/531613

■とりたて一番! 1 (バーガーSC)
いつ読めなくなるかわからないので今のうちに クレジットカードの取立屋の話 ここまでためこむとどーなるかは知らんのだけど、どこまでがフィクションなのかは追求しないことにする 借りる人の心理と、返してもらう人の律儀 確かにいわれりゃその通りです、てことばかり
読了日:03月08日 著者:岡崎 つぐお
https://i.bookmeter.com/books/3424229

■とりたて一番! 2 (バーガーSC)
誇張はあっても「すごくありそう」 ひとまず、金借りて見込みのなさそうな女に貢ぐのはやめようか…
読了日:03月08日 著者:岡崎 つぐお
https://i.bookmeter.com/books/3713670

■PRE=CROSS
予備知識なしで読んだら、関係性だけぼんやりとわかって、何やってるかはよくわかった 設定がわかる元ネタが知りたいな…探すか…
読了日:03月08日 著者:たかしげ宙
https://i.bookmeter.com/books/12278604

■常習盗賊改め方ひなぎく見参! 1 (BLADE COMICS)
安心する鉄板ネタ…だった… セイントテール読み返したくなったわー
読了日:03月09日 著者:桜野 みねね
https://i.bookmeter.com/books/434001

■少女終末旅行 6 【限定版 】 (BUNCH COMICS)
終わっちゃったなー 書き下ろしだと思う最後のシーンに出てきた図が気になりすぎて、なんかいろいろあさくりたい 想像していたよりはまだ良かったのだけれど、救いがないのには代わりがない 行方の知れない3機も、Godzilla怪獣惑星見た後だとどーにも悪い想像にしかならんのよな あれこそ絶望となかよく、だったけれども 余韻はどこかで形にしたい
読了日:03月09日 著者:つくみず
https://i.bookmeter.com/books/12317565

■島田フミカネ THE WORLD WITCHES 2018
各記事はこれから フミカネさんのコメントと、最後の解説のみ熟読 お姉ちゃんsの「鈍器」に声立てて笑った この記事のためだけに、雑誌を買ったぼくは…というミーナさんから始まり、概ね好きなキャラがががが…ウルスラーっ(*´Д`*) 504とアフリカ、いらんこの扱いが小さめなのはむむうとなったけれども、スオムスほか各国のキャラも網羅されていて個人的には大変嬉しい一冊となりました ガランドさん好きなんだよう 何度も書きますがこの調子で零2の復活をですね…頼むよ角川…
読了日:03月10日 著者:島田 フミカネ
https://i.bookmeter.com/books/12302842

■ワールドウィッチーズ 魔女たちの航跡雲 Contrail of Witches 3 (角川コミックス・エース)
のっけからガランドさんとミーナさんとか初弾で息の根を止められるかと思った…ヾ(X3ノシヾ)ノシ  後半はもう少し知りたいと思ってたヨハンナさんだったし、終わっちゃったのかーーーー(´Д`) アニメは部隊ごとに描かれることが多いだけに、その他の人々が見られる作品は大変貴重だったんですが またどこかで復活するのを密かに祈ってます
読了日:03月11日 著者:ななてる
https://i.bookmeter.com/books/12649140

■プレイヤーは眠れない
あとがきと作品内のPCを見る感じ、まだ、テキストの通信がメインで、モデムつないで電話回線で、FLASHの2Mとかが迷惑がられてた時代かなあと調べもせずに考えつつ その頃に、その頃にはもう、VRやシステム依存の可能性が描かれてたんだよなあ キロなんて単位は今となっては使えない代名詞なのだろうけれど、その頃に描いた夢は、確かに現実になってきておりますな… さて、あとはAIが自己学習して自我に目覚めるまでに、何年ぶんのデータと演算が必要になりますかなー
読了日:03月11日 著者:正木 秀尚,黒沢 哲哉
https://i.bookmeter.com/books/12357118

■オールカラー 個人事業の始め方
外注のお姉さんとの話題になるかしらと先日の値引きの時に買ったやつ 以前読んだものより、実務的なことが詳しかった 税金や帳簿、必要書類が詳しかったので、今、考えてる人にはちょうどいいかも 起業してる人の評価もしりたいかなー
読了日:03月12日 著者:
https://i.bookmeter.com/books/7839682

■夜廻り猫(2) (ワイドKC モーニング)
捜し物してたら発掘してしまったので読み終わった テンプレのごとくぼくはニィが好きなわけですが 取り柄のお父さんが可愛くていい
読了日:03月12日 著者:深谷 かほる
https://i.bookmeter.com/books/11515451

■「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナル
しまったー元の個人出版の方、持ってたー(;´Д`) 学習計画で使用したページなどは参考になりました バレットジャーナル、ベストサイズのノートがなくて結局、手作り手帳をその辺に放置、であんまり機能していない 野帳にそろそろ移植するかなあとか考えてる最中 ポケットに入らないと、端から忘れてくんだよ…
読了日:03月18日 著者:Marie
https://i.bookmeter.com/books/12361730

■はやて×ブレード2 6 (ヤングジャンプコミックス)
目が覚めた ひつぎ様まじひつぎ様 ここにきて自分本当にひつぎ様好きだなというのを再確認 そしてラッキースケベ的勝利をめんどくせえだけで水に流すお前ら大好き 短い夢だったね、白服 この路線でガンガン剣振るってくれる展開を望んでた人なので、最後になっちゃったけどこれはこれで満足です 言葉の定義で自分縛るとめんどくさいよねー、同じ阿呆なら躍らな損ってホントだよ ウルジャン移籍直前参入だったので、10年ほどでしたが、ありがとうございます さー!アンソロ頑張るよ!
読了日:03月19日 著者:林家 志弦
https://i.bookmeter.com/books/12652278

■絢爛たるグランドセーヌ 10 (チャンピオンREDコミックス)
心の底から奏に共感した…ダンスという言語がわからない!(;´Д`) 解説も読んでるんだけどな…わからなさすぎて何がわからないのかいつもわからない(笑) ストーリーを追うだけじゃなくて、技術的な成長とか理解しながら読みたいんだ… うぅ…知識としてバレエ勉強せなやっぱりかんのかー
読了日:03月19日 著者:Cuvie(キュービー)
https://i.bookmeter.com/books/12652439

■「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナル
2周目 職場で、次の瞬間の自分へ、次の日の自分へメモを残すノート作って付箋とメモでダカダカと処理し始めたんだが あ、これ、バレットだわ と突然気づいたので読み返し 最近の公式とはマークが違うので、この2年くらいに始めた自分には若干違和感のある項目もないわけではないけれど 書き忘れない限りは余程回るので、基本的に忘れる方がデフォルトの人にはありがたい習慣となりつつある 発達障害考案と読んでいたく納得 これは楽よー
読了日:03月24日 著者:Marie
https://i.bookmeter.com/books/12361730

■ボクと師匠の秘密工房(1) (ガンガンコミックスONLINE)
じいちゃんが師匠の工業女子高生と小学生男子の工作実技マンガとか、なんてど直球なご褒美なんだ たまたまネットで見かけて即予約した パンク修理というか、タイヤ交換を最近ようやくやったところだったので、そうすればよかったんかーとか色々 このままどんどん高度な遊びに発展してほしい 次巻も楽しみ
読了日:03月24日 著者:横山知生
https://i.bookmeter.com/books/12671698

■うまくいっている人の考え方 完全版 (ディスカヴァー携書)
おや懐かしい本が、とつい買ってしまった まとめ部分だけざくっと 今となってはその手の啓発本では珍しくもなんともないことばだけれど、20年前ならそれなりに珍しくもあり、当時であればなおのこと、そう振る舞うのは難しくあったのかもしれず できてる人には別にどうということもない話の羅列なのだけれど、それが全部できたらできたで、日本は窮屈だろうなあと相変わらず思ったのでした
読了日:03月24日 著者:ジェリー・ミンチントン
https://i.bookmeter.com/books/6731440

■危険がウォーキング (1) (Beam comix)
なーつかしー 高校の漫研かなんかの展示で(かけもちしすぎてよく思い出せない)描いたわー 懐かしいが詰まりすぎてる このあとホームドラマ路線へ転向していくのだけれど、星里さんの描く「すこし不思議」くらいのSF要素も好きなんだ
読了日:03月24日 著者:星里 もちる
https://i.bookmeter.com/books/1060

■危険がウォーキング (2) (Beam comix)
バロン先生ーっ 冴子さーん\(^o^)/←何年経ってもキャラの好みはぶれない けっこーいくろうくん繊細だと思うんだけどねー 園部さんがだんだん共闘者っぽくなってくの好きです
読了日:03月25日 著者:星里 もちる
https://i.bookmeter.com/books/1062

■TVアニメ 少女終末旅行 公式設定資料集
設定も載ってる豪華な分厚いムックだった もっと無機質な資料集を覚悟してたのに、なにこの豪華な仕様(誉めてる) 登場キャラが少ないので、むしろ背景と小道具がとてもありがたい あとはコメントとインタビュー 監督とつくみずさんしか読み終わってないよ、読み切れないよ 都市が丸ごと消失しなかったナウシカみたいな時代設定だったんだな…
読了日:03月29日 著者:
https://i.bookmeter.com/books/12581864

■取材学―探求の技法 (中公新書 (410))
40年前に危惧されていることが、ちょうど今ニュースで喚き立てられていて、ついったで毎日起きている お前ら学校の授業なんざ受けんでいいし、行かんでもいいからもうちょい本を読め(笑) 取材とは情報を使うことである、という定義に基づいて、主に書籍を使った情報収集と現地取材についてまとめられた本 情報収集や発信については所々ネットに置き換えて読むことはできるので「情報を使う」人たちには基幹本として一読をすすめたい アプリやらなんやらで文字垂れ流してる、俺を含めた全員のことだよ!
読了日:03月30日 著者:加藤 秀俊
https://i.bookmeter.com/books/569582

■魔法使いの嫁 1 (BLADE COMICS)
原作を読まねばーと思ってたら、新刊発売記念なのかアニメ化記念なのか8冊まとめ買い半額キャンペーンやってたので、思わずまとめ買い すでに3周目 アニメは見てない 全巻読んでからだとこの子がーとなるわけですが、それはさておき 足りない人たちが足りない部分は足りないまま、でも別の部分でお互いを補ってゆく話は大好物なので、その予感に溢れた1巻は大変期待を駆り立ててくれました しばらくご無沙汰だけど、まだ見えてもいいかな、と思わせてくれたそんな話 いや、魔法使いはそばにはおらんけども
読了日:03月31日 著者:ヤマザキコレ
https://i.bookmeter.com/books/8004297

■魔法使いの嫁 2 (BLADE COMICS)
表紙のスプリガンとシルキーが可愛いすぎる 魔法使いと主人公とお互いに少しだけ変化が見られたり、アリス可愛かったり(忠犬好き)、ブラックドッグだったり(忠犬好き(2度目))、あ、だめ、これ、絶対好きな奴だと確信した巻(3周目←しつこい)
読了日:03月31日 著者:ヤマザキコレ
https://i.bookmeter.com/books/8230205

■魔法使いの嫁 通常版 3 (BLADE COMICS)
エリアスの実体もだけど、ルツ可愛い…可愛い…可愛い…聖書読んでる筈なのにエピソード出てこねえけど可愛い 生きている世界が違うからこその、能力からこその片思いが切ない 誰かの目を借りて一生をともにできるなら、リンデルさんがいいです…好き…
読了日:03月31日 著者:ヤマザキコレ
https://i.bookmeter.com/books/9370460

■魔法使いの嫁 通常版 4 (BLADE COMICS)
お互いの過去が語られて、お互いが怯えていた過去が明らかになって、そして二人の関係も、チセの能力も少し前へ そういえば描きたかった話があったなあと過去のネタ帳ひっくひかえしたくなったりなんだり(笑)
読了日:03月31日 著者:ヤマザキコレ
https://i.bookmeter.com/books/9825377

■魔法使いの嫁 5 (BLADE COMICS)
リャナン・シーに引きずられてか、みんながなんだかものすごく人間くさい巻(笑) お留守番シルキーが愛しい…そこも含めて「繋がり」が確かめられてた気が エリアスもルツも可愛すぎるだろー!
読了日:03月31日 著者:ヤマザキコレ
https://i.bookmeter.com/books/10485852

■魔法使いの嫁 6 (BLADE COMICS)
「女の子」巻 27篇の扉が「普通の食事」なのが個人的にすごいツボる 天才か…すごい… 市井の人々でも扱いかねる、そしてとても幼い嫉妬にとらわれる人と、その人のために一つ道具と心を見つけた人 狼いいよね
読了日:03月31日 著者:ヤマザキコレ
https://i.bookmeter.com/books/11127001

■魔法使いの嫁 7 (BLADE COMICS)
実質フルキャストで大事件勃発で、チセフル駆動で「え、これ終わっちゃうの?!」というえらいクライマックス巻 息せずに読んでしまうのよろしくない まだこの先、さらに事件が続くのはわかってるんだけど(しつこいが3周目)、コミックスを順当に買ってたら8巻完結を危惧して胃が痛くなっていた気がする…
読了日:03月31日 著者:ヤマザキコレ
https://i.bookmeter.com/books/11544961

■魔法使いの嫁 8 (BLADE COMICS) 最新巻
力のある者が己が欲望の為だけに力を使おうとすると碌なことにならねえという今巻ですが、その権化として描かれていたカルタフィルスとまさかのという引きで、何もかもが気が気でない(しかし3周目) 死にたくない、と思える関係になれたのは良かったけれど、だからこそ、踏み込みあわなきゃいけないところまで来ちゃったんだなあ
読了日:03月31日 著者:ヤマザキコレ
https://i.bookmeter.com/books/12224087

■魔法使いの嫁 9 (BLADE COMICS)
長い時間をかけて(いや、作中でまだ1年だけど わかってるけど)、ようやく「嫁」になりましたね! おめでとうございます(笑) そして夫婦で新章へ たぶんいろいろ起きてんだろうなあと思いつつ、10巻楽しみです(笑) 
読了日:03月31日 著者:ヤマザキコレ
https://i.bookmeter.com/books/12669090


▼読書メーター
https://i.bookmeter.com/
posted by まきむらひろき at 01:52|