2018年02月01日

1月まとめ

2018年1月の読書メーター
読んだ本の数:24冊
読んだページ数:3945ページ
ナイス数:106ナイス

https://bookmeter.com/users/121564/summary/monthly
■照ちゃん流 健康ヨガ体操 体が硬くても痛みがあってもできる! (講談社の実用BOOK)
先日のhontoまとめ買いより ずぼらヨガで体が快適になって、もう一段階進めてみるのにちょうど良さそうな本 ご高齢の先生なので「できる範囲で」「無理はしない」というちょうどいい感じのポーズがたくさん載っている 本格的にやるにはつらいけど、という人向け 本格的にやりたいならヨーガ入門(http://amzn.to/2lzsB03)とかでもいいかもだけど、ぼくは昔、準備体操だけでめんどくさくなって挫けました
読了日:01月02日 著者:山本 照代
https://bookmeter.com/books/7636957

■法医昆虫学捜査官 (講談社文庫)
なるほどAmazonレビューは当たってはいたなーという感想 喋りすぎはわかるけれども、土ワイみたいな割とわかりやすいものを求めてるならちょうどいい ただ、タイトル通り延々と虫なので、主人公出てきたらただただ虫なので、嫌いな人は手にとってはいかん 小難しい展開を、うんうん唸りながら解決したい人にはあんまり向かないかもしれないけれど、久しぶりに読むにはちょうど良かった
読了日:01月02日 著者:川瀬 七緒
https://bookmeter.com/books/8161264

■ブレイブウィッチーズPrequel2 オラーシャの幻影 (角川スニーカー文庫)
読みかけだったことを忘れていた←ぉい 年末に持って出たんだが結局読めず(他の本買ってりゃそりゃそうだ)、今ごろ読了 アウロラ姉ちゃんが好きすぎて他が飛んだ きれいに飛んだ ねえちゃんタフすぎて萌える 3巻買い損ねて重版待ちなので、読み終われて良かったです… コミックも読んだのに感想書いてないな…読み返して、また 
読了日:01月04日 著者:築地 俊彦
https://bookmeter.com/books/11671145

■依頼人から一言 (ぶんか社コミックス)
最初が頭を使う話なんで、真ん中とのギャップがキツい(笑) 依頼人から一言以外だと、まかいのもりのあかいぬまとDの落ちた日が好きです
読了日:01月06日 著者:たがみ よしひさ
https://bookmeter.com/books/11219815

■苫米地式 思考ノート術
そーいえば前に読んだなあと、探して目を通し直し ノートの定義から、一般的なノート術とは異なっていて、戸惑わずに実践できるようになるには何枚か書きこなすことが必要になりそう 読みながらイメージできる本とそうでない本があるけれども、これは後者で どーにもやってみなければわからない、という読後感が残る 一度腰を据えて試したい
読了日:01月06日 著者:苫米地英人
https://bookmeter.com/books/11541343

■体を整える ツキを呼ぶカラダづかい
プロの雀士が麻雀でヨガの境地に至った本…にしか読めなかった 本能で勝ってきた人が本能が目覚めるとはどういう状態なのかを繰り返し語っている 人それぞれと拒否する人は、人という動物として不自然な状態から、逃れられない人なんだろう
読了日:01月06日 著者:桜井 章一
https://bookmeter.com/books/4726342

■ブレイブウィッチーズPrequel3 オラーシャの遠雷 (角川スニーカー文庫)
春が来なかったんじゃない、重要機密だから隠匿されたんや…(言い聞かせ 全3巻でしたか、残念 アニメではひかりが中心になって描かれなかったその他一同の描写が楽しうございました ラル隊長が活躍したので幸せでした ミーナさん、何気に二部隊メンドー見てたんすね…予算繰り大変すぎる いらん子にハッセ来るとは思わんかったよ…ハルカも飛んでればまともなんだけどね…残念なのは歳をとっても変わらなかったね… 自分の中で長く終わらなかった春が終わり、ブレイブアニメに向けてのシリーズも無事完結 コミカライズ楽しみです
読了日:01月06日 著者:築地 俊彦
https://bookmeter.com/books/12472211

■1時間でわかるビットコイン入門 (NextPublishing)
ビットコインの取引所の人が書いた、ビットコイン紹介本 今までを書いているけどこれからは特にない 日本のシステムが安定する頃には流通上限に達して、ほとんど旨味がなくなるんじゃねえかなーという印象 読んでみたらひとまず作ってみる、で仮口座つくってレート眺めてたけど、なるほど最初の波に乗った人は確かに長者になるだろう、という値動きでした 知らずに非難するならまず見てから 得意な人はすでに一儲け済みっぽいサービスだけれども、盲信しなければ面白いサービスだと思いました
読了日:01月10日 著者:小田 玄紀
https://bookmeter.com/books/11271446

■ジキルとハイドと裁判員 1 (ビッグコミックス)
感情を操れば情報はいくらでも操作できる 真実は「他の誰か」のとっての事実の組み合わせではない 誰に感情移入するかで印象は変わってくるけど、力を手に入れた地味な子の暴走破滅物になるのか、真実と向き合って事実に負ける物語になるのか、1巻だけだと前者の印象が強かった
読了日:01月13日 著者:森田 崇,北原 雅紀
https://bookmeter.com/books/152632

■ジキルとハイドと裁判員 2 (ビッグコミックス)
裁判する側の思惑も描かれて、真実に真摯に向き合うことの難しさも露わになった 自分の力を自分のために使ってしまったことでもう完全に力に飲まれただけの人になったかと ジキルとハイドを読むと、名前が表すものもわかるんだろうなあと、そーいえば未読だったと今頃思った
読了日:01月13日 著者:森田 崇,北原 雅紀
https://bookmeter.com/books/252724

■あなたを天才にするスマートノート・電子版プラス
ノート術にありがちな痛さ満載なのだけれど勝間さんとの対談で、わりと緩和された(自分は だいたいのノート術は「これで効率化できたからやるといいよ、ソースは俺」というタイトル通りの内容なんだが、この本については「これで天才になれるからお前もやれよ、ソースは俺」という人によっては傲慢にとれる態度が端々に見えて、なんだか心配になった 技法自体は面白かった 書くことに慣れない人は段階を追って習慣化するヒントがあるのてま読んでみると楽しいんじゃないだろか
読了日:01月14日 著者:岡田斗司夫 FREEex
https://bookmeter.com/books/7097259

■あなたを天才にするスマートノート・電子版プラス
ノートにまとめながらもう一周 そして削除 ノート術の部分だけ抜いていくと大変面白いので、やはり残念な印象 全くノートを書いたことのない人への習慣づけから、段階を踏んで論理トレーニングにいたる方法論は他に見たことがない そして「書けない時も当然あるから気にするな」と明言してるのもいい 効率化ではなく思考トレーニングに重きを置いているから、無駄に見える財産を積み重ねろという点は大変好感が持てるんだが、じゃあ岡田さんを目指したいかっていったら別にそんなことないのよなという読後感になってしまうのがやはり残念だった
読了日:01月14日 著者:岡田斗司夫 FREEex
https://bookmeter.com/books/7097259

■貧乏起業: もしも億万長者がホームレスになったら
トップに並んでたから読んでみた にわかに稼げるようになったノマド本より面白かった 起業って、こーゆー勘違いされがちだけど、それ、こーゆー意味だから、とゆーネタが散りばめられてて、短くても楽しめた 毎度のことだけど「だからやる」かは別の話
読了日:01月14日 著者:村上むねつぐ
https://bookmeter.com/books/11076891

■水墨画技法で本格的に! 四季の筆ペン画 48のポイント (コツがわかる本)
作例はタイトル通り48種きちんとある 感動的な作品というよりは、頑張れば叶いそうな夢が見られるのかもしれない 描いてみると全然そんなことないのだけれど、騙されるには作例も豊富で良書(笑)
読了日:01月16日 著者:
https://bookmeter.com/books/11809137

■私は君を泣かせたい 1 (ヤングアニマルコミックス)
先輩が隠れドSでいいよね!と相方から勧められて試し読みして揃えた訳ですが これどっかでハナにまじ泣きさせられるやつか…
読了日:01月17日 著者:文尾文
https://bookmeter.com/books/11703109

■私は君を泣かせたい 2 (ヤングアニマルコミックス)
むしろわたしは羊を泣かせたい
読了日:01月17日 著者:文尾文
https://bookmeter.com/books/12436508

■ペリリュー ─楽園のゲルニカ─ 1 (ヤングアニマルコミックス)
生き延びたい人がいて、死を目指す人がいて 何が怖いって勝つ気のないのが周り巻き込んで死にたがってた側面よな 生き残らなけりゃ反撃できない、生き延びた我らは末代までこの恨み忘れるな、て国の方が結局、結果出してるのかもしれないな
読了日:01月17日 著者:武田一義,平塚柾緒(太平洋戦争研究会)
https://bookmeter.com/books/11033401

■ペリリュー ─楽園のゲルニカ─ 2 (ヤングアニマルコミックス)
今、特攻やらなんやらに目を輝かせて戦地を夢見ている若者がいるのだとしたら、一度読んでみてほしい 今の日本はこんなことなどしない、と本当に言えるかどうか、その根拠は何か 死が真横にある生活に耐えられるのか ただでさえ少ない若者を戦地に送ろうとしている年寄りは、この国を誰に託そうとしているのか 自分が墓場まで持って行くつもりなのか ぼくは実戦を行わないことよしとし知略で勝てと説いた孫子を支持します 戦力は不用意に外に持ち出してはいかん 国力が疲弊する
読了日:01月18日 著者:武田一義,平塚柾緒(太平洋戦争研究会)
https://bookmeter.com/books/11259041

■ペリリュー ─楽園のゲルニカ─ 3 (ヤングアニマルコミックス)
島田さん…生きてた…
読了日:01月18日 著者:武田一義,平塚柾緒(太平洋戦争研究会)
https://bookmeter.com/books/11958337

■この1冊で苦手を克服 超色鉛筆画レッスン 絵画技法の基本と応用 (コツがわかる本!)
自分の描いてるものに、何が足りないのか、ものすごく勉強になった…基本を知らないって遠回りだなあ
読了日:01月19日 著者:弥永 和千
https://bookmeter.com/books/11933005

■アステロイド・マイナーズ 1 (リュウコミックス)
何度読んでも、ものすごく起こりそうな未来の話…
読了日:01月20日 著者:あさり よしとお
https://bookmeter.com/books/565616

■ペリリュー ─楽園のゲルニカ─ 1 (ヤングアニマルコミックス)
まずは総理が前線へ、てコピー、昭和何年でしたっけ… 冗談じゃねえ、ふざけんな、ていつまで言ってられるかなあ
読了日:01月22日 著者:武田一義,平塚柾緒(太平洋戦争研究会)
https://bookmeter.com/books/11033401

■たった1分でできて、一生が変わる!魔法の習慣
寝床にあったので開いたら読み終わっていた スピリチュアルなわけでもないし、格別目新しいわけでもなく(そりゃ元が古いですがな)、けれどもたまにふっと手にとって「忘れていたこと」を思い出すにはちょうどいいボリュームだな、と改めて思いました
読了日:01月27日 著者:佐藤 伝
https://bookmeter.com/books/631291

■やがて君になる(5) (電撃コミックスNEXT)
もう少しかかると思ってたよ…honto… がらんどうと思ってるのは本人だけ
読了日:01月29日 著者:仲谷 鳰
https://bookmeter.com/books/12540245


▼読書メーター
https://bookmeter.com/
posted by まきむらひろき at 12:25|